四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【小説】少年少女世界の名作、ジャンクリストフ

電子書籍で安かったので試しに購入。

自分は電子書籍だと純文学は頭に入ってこないのでもっぱらラノベ専用なんですが、少年少女向けに要約されたのだとスムーズに頭に入りますね。良かったです。

Huaweiモバイルから送信

【雑記】クイーンアリスに行ってきた

f:id:shimaaaada:20180905220216j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220219j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220222j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220224j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220226j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220230j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220232j:plain

f:id:shimaaaada:20180905220235j:plain

旦那が結婚二周年のお祝いにクイーンアリスに連れていつてくれました!!

クイーンアリスはレシピブックを書店で見てからずっと行ってみたかったレストランだったので感動感激!!

大根のフォアグラのせが美味しかったです…!!!

【食べ物】ラーメン 龍の眼(秋葉原)

f:id:shimaaaada:20180824232858j:plain

f:id:shimaaaada:20180824232902j:plain

f:id:shimaaaada:20180824232905j:plain

f:id:shimaaaada:20180824232909j:plain

秋葉原のラーメンを特集した同人誌を読んで気になったラーメン屋さんに旦那と行ってきました。

ワンタンが売りのラーメン屋さんだったのですが、いざついてみるとチャーシューメンや角煮麺もあり、自分はネギラーメン(チャーシューの細切りが乗ってる)、旦那は予定通りワンタンメンを食べました。

自分は太麺が好きなのでこってり濃厚!なラーメンを食べることが多いのですが、ここは細麺であっさり醤油味のスープ。チャーシューも脂身やボリュームで売っていない燻製肉でした。

メインメニューのワンタン麺にのったワンタンは、巷にあるラーメンやスープの添え物としてのそれではなくて、単体でも主役になれそうなもちもち皮に具がみっしりつまったワンタンでした!

でも具だけ美味しいわけではなくて、スープと麺としっかりバランスが整ってて…!

旦那共々満足して、次は違うメニュー食べたいねーと言いながら店を後にしました。オススメです。

【小説】室町繚乱〜義満と世阿弥と吉野の姫君〜(著:阿部暁子)

Cobalt文庫で好きだった作家さんが集英社文庫から新作を出していたのを知って衝動買い。

タイトルに室町とありますが書かれてる時代は室町時代ではなく、その前の南北朝時代

北朝が正義と信じて疑わなかった吉野の姫君が、南朝の人間と出会って変わっていく姿を中心に、義光を通して為政者の苦悩、世阿弥で芸術家の覚悟を書いてます。

Cobalt出身だからかな、この方とにかく読みやすいんですよね。読みやすい上に心理描写もとても上手。

この方がCobaltで書いてた信長者、戦国恋歌もとても好きでした。

今は集英社オレンジ文庫で書いてるみたいなのでそっちもチェックしてみたい。

【小説】王女コクランと願いの悪魔

【概要】王女コクランはある時、望まずして願いの悪魔を召喚してしまう。願いの悪魔はコクランに願いをいえと迫るが、コクランは王女としての責務から何も願いたくないと悪魔を拒絶する。実はコクランは、亡き王妃が浮気相手と成した子どもで王とは血が繋がっていなかった。それでも王を慕うコクランは王に迷惑をかけないため、一人で死ぬために生きていた。コクランを哀れんだ悪魔は、コクランの幸せを願い、自らの力を使う。だが、願いの悪魔の正体は、かつて老魔道士が作った「契約者の願いを叶える悪魔」という魔法の一種だった。その力は契約者のねがいをかなえる以外には使えない。自分の願いのために力を振るった時、悪魔を産んだ魔法が破綻し、悪魔は消えてしまった。悪魔は悪魔の元になった奴隷男の姿に戻り、コクランと再開する。

【感想】

気になってたラノベと純分の中間レーベル、新潮文庫NEXTの作品。ラノベだけどラノベで人気のバトルやハーレムやなろうはなく、児童文学的な要素の強い話。サクサク読めた。

Huaweiモバイルから送信