読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【読書】後宮詞華伝(はるおかりの)

コバルトでときどき買ったり借りたりしてる著者の新シリーズ。

この方のコバルトで出た本は大体読みましたが…

政略結婚→すれ違い(大体冷たい美男子と薄幸の姫君)→仲直り→ラブラブ

この流れだけで15冊くらい出してるのほんとすごいな!と思う。嫌いじゃないです。

軽く読みたいなーと思った時にほんと軽く読めて楽しいから好きです。あと、内容は軽いけど文章はとても上手で中国文化に詳しい方なんだと思います。

1巻完結の連作シリーズのみで、長編がないのが少し残念です。

1月まとめ

サボっていたので1月の流れ箇条書き。

・大晦日にインフルかかって自宅謹慎で年越

・職場復帰したらインフルが大流行して、昼間4-5人で50人見るという状態が10日くらい続く。

・29日の資格試験に備えて休みは引きこもりスマホや参考書で過去問を解く

・試験後自己採点→不合格

こんな感じ\(^o^)/

また本感想や映画感想上げてきまーす。

オーブン活用

f:id:shimaaaada:20161227184109j:plain

f:id:shimaaaada:20161227184118j:plain

クリスマスに丸鶏を作りました。

オーブンを買ったら丸鶏!とは前々から思っていたんですが、ずるずるとやらずにいたものを、クリスマス当日に丸鶏が半額になってるのを見て、今しかない!と購入。夜勤明けでようやったなあと思います。

まあ、やったのは半額なのに加えて事前にネットで簡単そうなレシピを見つけていたのもデカいです。ネットは偉大。

そして今日は、オーブンもっと活用したいなあと思ってりんごとサツマイモのパイを作りました。

いつもは林檎と言ったらいちょう切りにしてサツマイモと一緒に煮込むのがデフォだったので、そこから少しランクアップ。

真中に盛った量が少なくてドーム型にならなかったのが悔やまれる…

【小説】革命前夜

【小説】革命前夜 著者須賀しのぶ

長らく積読していたのを読み終えました。まだ西と東がわかれていた頃の東独で、音大留学生の主人公は革命に立ち向かう人々の選択と戦いに巻き込まれていく…という話。

読後は、やっぱ須賀しのぶさんはわかりやすいなーと。

たくさん出てくる音大生たちのキャラクターがひとりひとりたってて、名前で迷うことがないし、歴史音痴の自分でも複雑な時代背景が何となく分かるし。

音大生一人ひとりの持つ音が文章で表現されてるのも流石。

クライマックスで主人公が友人を憎まずに終わることが出来るのも読後感が良くて最高です。

須賀しのぶさんは気になりつつも読んでない本がまだあるのでもっと読みたいなー。

FLOWERBYNAKEDと表参道ヒルズツリー

f:id:shimaaaada:20161207222639j:plain

f:id:shimaaaada:20161207222640j:plain

f:id:shimaaaada:20161207222641j:plain

f:id:shimaaaada:20161207222642j:plain

f:id:shimaaaada:20161207222643j:plain

前々から絶対行く!と、決めていたSWEETBYNAKEDに行ってきました。

FLOWERBYNAKEDがすごく良かったので、これも期待していました。

入ってみると、道順にそって色んな花を展示していたFLOWERとちがって、真ん中に大きなオブジェがあり、別に二つの小部屋があって、自分でどこをどう見るか決めて楽しむという展示でした。小部屋は有料でお菓子付き。

真ん中の大きなオブジェはお菓子が吹き出すマンホールということなのですが、これはすごく迫力があって見事でした。

アイスクリームの小部屋はアイスクリームを花に見立てた展示で、花時計が綺麗。そして、ベンandジェリーズとコラボしたアイスが半端なく美味しい。

あと、写真に取りそこねたのですが、中のシャンデリアが全部飴で飾られてるのが美味しそうで可愛くて見とれました。

FLOWERBYNAKEDに比べると自分で何が展示されてるか、探さないと見のがしてしまうものが多く、事前情報しいれていかなかったのは失敗だったかなーと行った後で思いました。

多分、事前に何があるか情報集めてから見たほうが楽しめるイベントだと思います。

帰りは同じヒルズ内のツリーを見てきました。

杖を降ってミラクルマジックを起こそうとしたのですが、ハッピーマジックしか起こせずちょっぴり残念。

しかし、このヒルズツリー、1時間に3回演出変わるは、杖に対応して光るはで相当凝っててビビりました…。

イルミネーション好きならお勧めです。

室内だから昼から見れて、天候に左右されないのも魅力です。

青空文庫の掌辺

まるまる一月半ブログをサボっていた島田です。

サボっていた間、青空文庫の掌編にはまっていました。

どれも大変面白かったので、タイトルまとめてみます。

青空文庫スマホとネット環境さえあれば、いつでもどこでも本が読める素敵なサービスだなとつくづく思いました。

林芙美子

http://www.aozora.gr.jp/cards/000291/files/3047_19540.html

晩菊

http://www.aozora.gr.jp/cards/000291/files/4599_16988.html

渡辺温 少女

http://www.aozora.gr.jp/cards/000020/files/745_28540.html

岡本かの子

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person76.html#sakuhin_list_1

狂童女の恋

明暗

唇草

老妓抄

ととや禅譚

寿司

緑衣の女

http://www.aozora.gr.jp/cards/000308/card46660.html

笑われた子

http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/card2303.html

http://www.aozora.gr.jp/cards/000168/card2302.html