四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

映画感想

3月から4月10日にかけて見た映画4作。

ウォーム・ボディーズ

【イノセントワールド】

【エンダーのゲーム】

【クロニクル】

感想とあらすじまとめ。ネタバレあり。

あらすじはなるべく一行にまとめるのを目標にしてます。

 

 

ウォームボディーズ
【あらすじ】
一人のゾンビが人間の少女と恋をしたら、世界が平和になった。

【感想】
面白かった。
結局Rやゾンビたちに起きた変化は何だったのか分からないんですけど(人間に戻ったのか、ゾンビの不死性と人間の感情を持った進化形になるのか)、そんのがどうでもよくなってしまう位面白い。
ゾンビでも感情がある、ゾンビは脳味噌を食べることで記憶を得る、ゾンビは夢を見ない、ゾンビには敵(ガイコツ)がいる……と、他の映画にはないゾンビ像が、新しいです。その上、クライマックス付近で、夢を見ない設定が伏線になってたのにやられました。
あと、コメディシーンがとても楽しい。
ヒロインがゾンビのふりをして逃げるシーンでRに「やりすぎ」って言われるところや、ヒロインにフルメイクされるシーンとか爆笑しました。

恋愛オンリーなのかと思ったら、ラストで世界規模の話になってしまうのも笑える。
小説は続編を示唆して終わるみたいですが……映画は続編は無理だろうな。出落ち感がハンパないものね、この映画。


イノセントワールド
【あらすじ】
殺人鬼の血を引く少女は父親の死を切っ掛けに殺人の快楽に目覚める。

【感想】
(何がなんだかよく分からん……。
父親が叔父に殺されたことを知って、殺人鬼に覚醒した女の子の話ってことでいいんだよね?)
……とか思いながら感想サイトを見ていたら、元々殺人鬼の才能があった少女が、仲間(叔父)によって覚醒させられる話なんですね。
感想サイトであらすじを読むと、ものすごく好みな話なのに、映画を見ているときは始終退屈だった。集中力切れてたのかな。うーん。

 

エンダーのゲーム
【あらすじ】
異星人との戦争に勝利した天才少年エンダーは、彼らへの贖罪のため旅に出る。

【感想】
原作小説は興味はあるものの未読。この映画を見れば難しそうな原作が読みやすくなるかなーと思って視聴。
端折られすぎ、原作には適わないと言う前評判を聞いていたので、あくまで原作の助け以上のものは期待しないで見たんですが……。
え? これ普通に尺足りてるんじゃない??
見ていて、展開が多少急な気はするけど、意味不明とまではいかないし、何より、訓練用宇宙船や、エンダーの戦闘シーンがむっちゃかっこいいよー!!!
指揮棒を振るうように、手を振るって宇宙艦隊を操るって言うのがすごく格好いい!やばい!!
こんなゲームが未来には出来るのかな……。
原作小説も読みたくなりました。

 

クロニクル
【あらすじ】
三人の高校生は超能力を手に入れるが、力の使い方で仲違いして二人は死に、生き残った一人は二人を弔うために旅に出る。

【感想】
前評判から期待してたんだけど、確かに面白い。ハンディカメラをすごく効果的に使ってる……というか、ハンディカメラじゃないと撮れない話ですね。
ある日突然超能力が手に入ったら、実際こんなものかもしれない……っていうのを、すごくリアルに撮ってたと思う。
短いけど見応えありました。オヌヌメ