読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【小説】革命前夜

【小説】革命前夜 著者須賀しのぶ

長らく積読していたのを読み終えました。まだ西と東がわかれていた頃の東独で、音大留学生の主人公は革命に立ち向かう人々の選択と戦いに巻き込まれていく…という話。

読後は、やっぱ須賀しのぶさんはわかりやすいなーと。

たくさん出てくる音大生たちのキャラクターがひとりひとりたってて、名前で迷うことがないし、歴史音痴の自分でも複雑な時代背景が何となく分かるし。

音大生一人ひとりの持つ音が文章で表現されてるのも流石。

クライマックスで主人公が友人を憎まずに終わることが出来るのも読後感が良くて最高です。

須賀しのぶさんは気になりつつも読んでない本がまだあるのでもっと読みたいなー。