読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【小説】好きと嫌いの間にシャンプーを置く

【あらすじ】

神戸でルームシェアをして暮らす三姉妹それぞれの恋を書いた短編集。

・好きと嫌いの間にシャンプーを置く

三姉妹の長女紗子は、既婚者や彼氏持ちなどに不毛な恋をしては、妙子を好きだという男友達のシュウに、失恋を愚痴りにいくという奇妙な関係を続けていた。ところがある日、妙子の好きな先輩が独身になり、妙子に交際を申し込んだ。紗子は不毛な恋が終わったことをシュウに伝えにいく。だが、伝える直前、不毛な恋を続けていたのは、それをシュウに聞いてもらうためだったと気づき、シュウの気持ちを受け入れる。

・恋にクーリングオフがあればいいのに。

次女朝美は顔で男を好きになってはひどいフラレ方をすることを繰り返していた。今の彼氏の亮介も同様で、ちゃんとした付き合いではなく、セフレのような扱いのまま二年が経っていた。ある時朝美は自分は本当に彼女なのか亮介に問い詰めて喧嘩になってしまう。もう元には戻れないと悲しむ朝美だったが、数日後、反省した亮介が朝美へ謝りちゃんとした交際を申し込む。

・嘘つきをシチューに混ぜれば

三女結衣は4年前の失恋から新しい恋が出来ずにいた。ある日、新しい仕事相手に恋の予感を覚えるが、同時に、失恋と向き合っていない自分にも気がついた。結衣は、過去恋人とデートした場所へ、自分の中で失恋が思い出になっているか確かめにいく。失恋の傷から立ち直っていることを確信した結衣は、新しい恋に踏み出すことにする。

【感想】

長女の話を読み終えた直後は、いまいちだなーと思ったのですが、三篇全部読み終えると、それぞれの話が繋がっていることに気づき、また、その繋げ方がとても上手で、いまいち…から読んで良かった!に変わりました。

話そのものは、特別大きな出来事や人物のない恋をの話でしたが、同時に書かれる姉妹三人それぞれのコンプレックスや優越感が巧みで途中から引き込まれました。

一時間前後で読める小説の中ではひさびさのヒットです。恋愛小説好きなら特に良いと思います。