四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【読書】世界史系の本二冊

自分って頭悪いなあ、知識ないなあ、と痛感することが増えたので、少しは勉強になりそうな本を読もうと思って読んだ二冊。

地政学の基本(荒巻豊志)】

【概要】予備校の世界史講師が書いた地政学の基本。

【感想】日本、ロシア、ヨーロッパ、アメリカ、アジアと地域別に歴史がまとめてあって分かりやすかった。フルカラーで図解入りなのもよかった。

【危機を克服する教養(佐藤優)】

【概要】歴史の主要素を四つに分け、古今東西の歴史書、哲学書から、現在に必要な教養とは何かを説いた講義録。

【感想】分かりやすい世界史の本、みたいなのかと思ったら哲学史、思想史、宗教史といった方が近い上に難しくて内容ほとんど頭に入りませんでした。馬鹿が悪化した気がする。

世界には頭の良い方がたくさんいることは分かりました。\(^o^)/