四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【映画】ドライブ

【概要】

主人公のドライバーは人並み外れたドライブテクニックを活かし、昼は映画のカースタントマン、夜は強盗や犯罪者の逃し屋として働いていた。

ある時、ドライバーは一人の女性に心惹かれるが、彼女には服役中の夫がいた。ドライバーは彼女とその息子と親しくしながら、ともに夫の出所を待った。

やがて夫は出所するが、ドライバーはある時、夫が刑務所で借金を作り、強盗に加担するよう脅されていることを知った。

彼女と彼女の家族を守るため、ドライバーは夫に協力を申し出る。

ところが、盗みを成功した直後、夫は殺されてしまう。実は、夫が強盗するよう指示された金はマフィアの隠し金で、盗みが成功したらドライバーたちは全て殺される予定だった。

ドライバーは敵の襲撃から逃げ切ると、夫が盗んできた金を隠して、夫の妻の元へ戻る。そして彼女に事情を明かし「夫が盗んだ金で一緒に逃げよう」と彼女を誘うが、断られる。

彼女と別れたドライバーは、彼女を守るために、一人で襲撃者たちにひとりで立ち向かっていく。敵をすべて殺したドライバーは、車に乗って走り出す。

 

【感想】

ネットフリックスで視聴。

いやすごい面白かった!

TUTAYAで宣伝されてて、なんか面白そうだなーサスペンスなのかなー位の気持ちで見たので、バイオレンス映画だったのは予想外でしたが、すんごい面白かった!

とにかく主人公が格好いい。

裏稼業のドライバーをしていた男が、表の女性に恋をして、たった一人で裏社会に立ち向かっていく……という話なんですけど、

あくまで『ドライバー』であって、自分は犯罪を犯さないのが信条だったのに、愛する女性の危機を前に、一切の躊躇を見せず敵を皆殺しにするその容赦なさ……!!

すごい格好いいです。

 

で、あくまでドライバーであってマフィアやチンピラじゃないから、銃器を持ってないんですよね。

だから銃器や刃物で襲い掛かってくる敵に対し、素手やハンマーで対応するというのがすごい。殺し屋の一瞬の空きをついて床に引きずり倒し、喉をスパイク付きの靴で踏み潰して仕留めるシーンはすんごい迫力あって痺れました。

 

そして最後がな~… 

敵を全て倒すものの深手を追ってしまい、最期の(おそらく)ドライブに向かう主人公。その後ろ姿が果たして、生きてるのか死んでるのかわからない…。途中で想い人である女性の姿がうつるけど、果たして、向かう先が彼女のところなのかはわからない…。

深手を追いながらも彼女の元へ帰ろうとするドライブなのか?

深手を追って、それでも彼女との関わりをたつために街から離れようとしてのドライブなのか?

あるいは、幽霊になった魂だけが、車に乗って彷徨っているのか?

どのようにもとれる余韻の残るラスト。

傑作でした。



小説はドライバーの過去がかなり詳細に書かれた別物のようなので是非読んでみたいです。