四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【映画】スキャナーズ、危険なメソッド(2作)

イースタン・プロミスがとても面白くて、気になったクローネンバーグ監督作二作。

ネットフリックスに四作公開されてたので二作見ました。

 

スキャナーズ

冒頭で脳みそがパーンってなるシーンが凄くインパクトが有り、「そうか!思考回路を操って脳みそパーンってさせて戦う超能力者たちの物語なんだ!」って思っていたら、脳みそパーンは冒頭だけで、あとは思考回路操って幻覚見せたり、車誤操作させたりして戦うだけでした……くっ 期待と違う。

でも面白かった。古い映画なんですけど、現代のCG技術で超能力戦争ものとして十分リメイクできそう。脳みそパーンさえなければ、ホラー映画扱いもなさそうですね。

どうでもいいけど、ラスボスがジャックニコルソンにしか見えなくて、出演者一覧を確認したものの名前がなくて、うーんってなったら、カナダのジャックニコルソンと評された別俳優さんでした。皆ジャックニコルソンって思ったんだね…。

 

危険なメソッド

フロイトの後継者と目されていたユングが、一人の女性に出会い、彼女の影響で性衝動についての理論を発展させていくうちにフロイトと決別して……という伝記映画。

が、伝記映画どうこうよりユングと女性患者(愛人)とのSMプレイに目が点になった。

真面目なあらすじとタイトルが噛み合わないなーと思いましたが、たしかにこんなプレイに興じなきゃならん方式は危険だね!

真面目な映画だし、あらすじも好みな映画なんですが……自分に精神医学の素養がまったくないためか、どうも入り込めなかった。今更だけど、キーラ・ナイトレイはほんとに胸まっ平らですね。