四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【映画】私は生きていける

ネットフリックスにて視聴。

【概要】

世界中で戦争が起き、人々が争っている未来の地球。少女デイジーは、治安が悪化したアメリカから、親戚を頼ってイギリスの田舎町へと疎開する。疎開先でデイジーは一人の青年と恋に落ちる。その時核爆弾テロが起こり、イギリス中が紛争状態へと陥る。男子は皆兵隊に徴収され、女子供は軍の監視下に置かれる。デイジーは青年に再会するため、軍の監視下を抜け出す。軍に敵対するテロリストやゲリラの目をかいくぐり、田舎町へと帰ったデイジーは、同じく田舎へ帰ってきた青年と再開する。再開した青年は心に深い傷を負い、別人のようになっている。デイジーは青年を慰め、「貴方がいれば、私は生きていける」と告げる。

 

【感想】

 

あらすじから、最近流行りの少年少女主役のSF(ハンガー・ゲームやダイバージェントなど)にやや恋愛を追加した感じなのかなーと思っていたら、SF要素は薄かった。

でも、ならガッツリ恋愛かというと、話の八割はただ、恋人との再会を胸に歩く主人公一人の姿で、恋愛ものという感じもしない。

どちらかと言うと、日常の崩壊とそこからの再生を通して、少女の成長を書く青春ものだと感じました。

 

逃避行中の景色がとにかく美しい。

人間の手が入らなくなった森や山は元より、資源が枯渇してぼろぼろになった人工物も悲しくて美しいです。

その美しい背景をバックに主題歌が流れるシーンには心を掴まれます。

 

ものすごい傑作、と言われると悩むところなんですが、大人が見ると子供のときに見ていれば良かったなーと感じる作品だと思います。

戦争の恐ろしさ、も感じられます。

 

映画のあらすじを確認するために検索して見つけたこちらのページがとてもいいです。

http://www.howilivenow.jp/