四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【食事】クルド料理「メソポタミア」で羊の頭を食べてきた

クルド料理 - mesopotamiajp ページ!

 

12月7日にFB経由(参加グループの企画)で、クルド料理店オフに参加してきました。

クルド人の方々については以前ネヴロスの見学に行った位で、殆ど知識はないのですが(クルド人 新年のお祭 ネヴロス - 四つ折り)そこら辺は特に必要なく、美味しい料理を堪能してきました。

 

頼んだのはクルド人コースで、タイトル通りメインディッシュが羊の頭!というもの。

羊の脳みそは今まで何回か食べてきたし、今後も食べると思うんですが、頭を食べるのは初めて。

企画ページに頭の丸焼き写真が紹介されていたのでいく前からワックワク。

頭の丸焼きから耳をとり、耳を加えたインスタ蝿写真を取るぞー!と気合を入れていったのですが…(↓予定図)

f:id:shimaaaada:20171219231423j:plain

 

 

(↓現実)

 

f:id:shimaaaada:20171219231601j:plain

 

テーブルに出てきた時、頭は既に刻まれてチャーハンになっていた!!!

 

微妙にショックでした(笑。

 

が、これが美味しい美味しい。

今まで羊は脳味噌が一番美味しいと思っていたのですが、それを一瞬でひっくり返す脅威の美味しさ。

マグロのカブトは、脂が乗ってて、食べるとプルプルしてて美味しいというのは有名な話だと思うんですが、羊もまさにそうでした。

f:id:shimaaaada:20171219231138j:plain

丸焼きにした後骨からこそぎ落とされた(と思う)肉は脂身たっぷりでプリプリしてて、なのに臭くなく、口の中でホロホロとほぐれる!

極上の美味しさでした。

四人以上集めれば注文できるメニューらしいので、いつか四人集められたら行ってみたいです。

 

そして、頭以外の料理もどれもこれも大変美味しい。

 

f:id:shimaaaada:20171219231123j:plain

コースでしか出てこない、餅のような団子が入ったスープ。

写真だと肉団子か豆のように見える小さな丸い物体は、何らかの粉を潰して捏ねて丸めて作られたでんぷん質の団子。こしのある白玉のような。ザラザラした触感のある不思議な団子で、これがスープの出汁を吸ってとても美味しい。

f:id:shimaaaada:20171219234136j:plain

羊肉を挟んで焼いたピザのような粉物。

ナンに似ているけれど、ナンほどもちもちせず、かと言ってパリパリもしておらず、日本で言うところのおやきを薄~くしたような料理。

スープの中の粉団子と合わせて腹にたまる系。

 

f:id:shimaaaada:20171219231128j:plain

サラダと串焼き肉。

串焼きは人数が多いため串のない状態で提供。ケバブというと香辛料がガンガンきいているものが多いのですが、こちらのは香辛料はほぼ皆無。

奥の方にあるのがサラダで、これが辛い!!! 全体的にあっさりした味付けが多い中で、サラダの辛さは良いアクセントになりました。

f:id:shimaaaada:20171219232409j:plain

羊の脳みそ!

本来これはコース料理にないのですが、脳みそ食べたいと訴える参加者(自分込)がいたため、急遽頭蓋骨を砕いて提供してくださいました。そのため味付けはなく、ペースト状になってましたが、それでもヤッパリ脳みそは美味しい。

が、食べてる最中お店の方から

「脳みそは油たっぷり!お腹壊すよ!ちょっとじゃなきゃ駄目!」

「栄養が行き過ぎて頭に血が昇って死んじゃうよ!」

と注意があり、皆スプーンで一口ずつよそって食しました。

自分は脳みそでお腹を壊したことはないので、そういう食文化もあるのかーと注意の内容より、そのことに衝撃を受けました。

f:id:shimaaaada:20171219234403j:plain

f:id:shimaaaada:20171219232419j:plain

ランチタイムでも頼めるクルド名物メソポタミアコーヒー。

写メを見ればわかりますが、コーヒーの入った容器がとにかくお洒落。こういう鉄製のコーヒーカップははじめて見たのでテンション上がりました。

味は、ココアのようにネットリした舌触りで、とにかく苦い! 甘くない!ボソボソっとする!

f:id:shimaaaada:20171219232429j:plain

コーヒーに使用している豆も齧らせてもらったのですが、同じ味がしました。

 

f:id:shimaaaada:20171219233647j:plain

デザートは何らかのでんぷん質の粉を捏ねて、たーーーーっぷりの蜂蜜に浸されたもの。

中東のデザートはインド筆頭にくっそ甘いイメージが有りましたが、ここでもやはりそうなのだな…と思いました。

基本、揚げるか焼くかしたものを、砂糖水や蜂蜜に浸す(かけるのではない)のが中東アジアのお菓子なんだなあ……。そこがいいんだけどさ。

 

f:id:shimaaaada:20171219231144j:plain

f:id:shimaaaada:20171219234015j:plain

f:id:shimaaaada:20171219234020j:plain

店の中や店頭には、クルドの雑貨や、祭りの写真、紛争について伝える新聞記事などが飾られており、これを見るだけでもかなり楽しい。

個人的には、是非この中に映画「少女ヘジャル」を展示して欲しいな…と思ったりしました。

https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%98%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AB-DVD-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3/dp/B0007VLWCW

↑映画「少女へジャル」は内戦によって両親を亡くしたクルド人少女と、偏屈なトルコ人初老男性の一時の交流を描いた、切なく美しい映画です。自分はこの映画でクルド人という名称を知りました。

 

長くなりましたが、クルド料理店「メソポタミア」。

とても美味しく楽しい時間を過ごすことが出来ました。

おそらく羊の頭はここでしか食べられないと思うので、興味のある方は人数集めて行ってみましょう!!!

ごちそうさまでした!