四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【小説】室町繚乱〜義満と世阿弥と吉野の姫君〜(著:阿部暁子)

Cobalt文庫で好きだった作家さんが集英社文庫から新作を出していたのを知って衝動買い。

タイトルに室町とありますが書かれてる時代は室町時代ではなく、その前の南北朝時代

北朝が正義と信じて疑わなかった吉野の姫君が、南朝の人間と出会って変わっていく姿を中心に、義光を通して為政者の苦悩、世阿弥で芸術家の覚悟を書いてます。

Cobalt出身だからかな、この方とにかく読みやすいんですよね。読みやすい上に心理描写もとても上手。

この方がCobaltで書いてた信長者、戦国恋歌もとても好きでした。

今は集英社オレンジ文庫で書いてるみたいなのでそっちもチェックしてみたい。