四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【小説】君が香り、君が聞こえる

【粗筋】

事故で視力を失い、無気力な毎日を過ごすようになっていた主人公のもとに、ある日一人の女性が訪れる。少し変わった彼女は主人公の状態について不躾に尋ねてくるが、主人公は彼女と親しくなるに連れ、生きる気力を取り戻していく。ところが、移植手術により主人公が視力を取り戻すと彼女は主人公のもとから離れていく。彼女は主人公と違って、一度失明したら回復できない難病だった。自分は目が見えなくなるのに、目がみえるようになった人と過ごしたくない…。彼女にそう訴えられ、主人公も彼女を諦めようとするが…

【感想】

Cobalt出身小田菜摘さんのラノベ文芸作。

後半の主人公…というより、女性の心情がすごく胸に来た。良かったです。