四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【映画】エクス・マキナ

【粗筋】検索システムで有名なIT会社で働くプログラマー、ケイレブはある日社内で行われた抽選で社長の自宅へ行く権利を得る。社長の自宅は世間とは一線を画し、広大な山奥にあってヘリコプターと徒歩でしかたどり着けない。ヘリコプターを降りてからは案内人もなく一人きりで社長宅を尋ねたケイレブは、そこで1人の美しい女性に出会う。女性は社長の作り出したアンドロイドだった。社長の自宅はアンドロイドが知性を持ちうるかを試す研究場だったのだ。ケイレブは、社長の研究に協力するうちに彼女に引かれていく。彼女を感情を持った一個の人間だと考えるようになったケイレブは、彼女を外に連れていきたいと社長に訴える。ケイレブの訴えに、社長はケイレブが来る前に彼女のプログラムに与えた命令を明かす。命令は「ここから脱出すること」。彼女の行動はすべてケイレブを籠絡し、外に出るというプログラムのもと行われたと社長は語る。納得できないケイレブは社長の目を盗んで脱出を試みて…。

【感想】

Netflixにて視聴。

おもしろい!すっごい面白い!

90分弱の短い映画ですが二転三転する展開に衝撃のラスト!

アンドロイド×人間×密室映画では、同じくNetflixTAUを視聴したばかりだったので、それと比較しながら見てしまったのですが、壁に口がついただけのタウが人の心を宿していくのに対し、みためがより人間らしい此方のほうが心が遠いというのが面白いなと思ってしまった。