四つ折り

shimaaaadaのブログです。漫画、映画、食べ物、小説などについてつらつらと書いています

【映画】嵐の中で(Netflix)

【感想】

Netflix映画。とてもおもしろかったー!!

こんなに面白い映画は久々に見た気がする…ラストで手を打ってしまった。おすすめ。

 

 

 

(以下ネタバレあらすじ、結末含む)ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【粗筋】

優秀な医大生だったベラは、娘が生まれたことで医師の道を諦め、夫と娘の三人で新しい家へと越してきた。

家の倉庫で、ベラは前の住人が残した古いビデオテープを見つける。ビデオテープには先住人、ニコの姿が写っていた。ニコは、十年前、近所で起こった殺人事件に巻き込まれて死んだ少年だった。

ある嵐の夜、起動しない筈のテレビが動くと、そこに亡くなったニコが映し出された。テレビがニコの生きていた時間と繋がっていると気付いたベラは、ニコに

殺人事件に巻き込まれないように忠告する。ベラの忠告を聞き入れたニコは、事件に巻き込まれず生き延びた。

だが、嵐の夜が明けると、ベラは今までと全く違う世界にいた。死ぬはずのニコが生き延びたことで、ベラが今まで生きていた世界が変わってしまっていた。

娘と夫がいない世界で半狂乱になりながら、ベラは元の世界に戻る方法を探す。前の世界の夫や友人に協力を求めるが、皆ベラのことを覚えておらず、ベラは病人扱いされる。

唯一ベラを信じてくれたのは、新しい世界でベラを取り調べた刑事だった。ベラは彼と元の世界に戻る方法を調べ、自分がもとに戻るには、もう一度過去を変えるしかないと気が付く。

だが、ベラが過去を変えようとするのを刑事は止める。この世界には元の世界とは違う出会いや幸せがあった筈だ。それを捨てていいのか、と。協力的だった刑事の変化にベラは戸惑うが、彼の言葉にベラはこの世界での記憶も取り戻していく。

新しい世界で、ベラは一人の青年と出会い、別の家庭を持っていた。その青年はベラを助けた刑事だった。刑事は以前ベラと出会ったことがあるから、彼女の言葉を信じ、彼女に協力していたのだ。

刑事の正体は、ベラがかつて助けた少年ニコだった。

ニコはベラに過去を変えないで自分とこの世界で生きようと訴えるが、ベラはニコのこの世界には娘がいないからと断る。それでも納得しないニコの目の前で、ベラは自殺する。ベラを助けるには過去を変えざるを得なくなったニコは、嵐の中でテレビをつけ、過去の自分に話しかける。

やがて嵐が明け、ベラは目を覚ます。目覚めたベラの元には娘がいた。

ベラは娘のいる世界に帰ってきた。だが、ベラの以前いた世界とは少し違っていた。ニコが巻き込まれた殺人事件が未解決のままなのだ。

ベラは殺人事件を解決し、刑事になったニコと再会する。